ありがとう、立浪和義(第一回)

長い間、中日を引っ張ってきてくれた立浪和義。
ミスター二塁打。この愛称が、一番立浪らしさをいい表している思う。
背番号3は中利夫……平野謙、そして立浪和義。
欠番にしないでよかった。(われらの時代の4番)江藤慎一、また高木守道、
そして、大エース・ミスターフォークボール、杉下茂さんの20番だって欠番ではない。

>>燃える決意は 渾身の力を込め
>>運べスタンドへ 待ってるぞ立浪

>>冴える闘志は 会心の一打を呼べ
>>光るグランドを 駆け抜けろ立浪

各々を、栄光の背番号として育てたいという方針だそうだ。
その方が、よい。
次の森野、がんばれよ!!

★二回目はいつになることやら。不明です。

by LiberaJoy | 2009-11-09 22:11 | 野球 | Comments(0)