先輩の訃報

b0021251_103479.jpg

このスクラップ帖のことは先日書いた(貼雑誌について)
編集者は「集めることが大事だ」(それも、基本は多くの人が関わり、作っている新聞に限る)とコンコンと説いて教えてくれた(2歳上の)先輩が、日曜日の未明に亡くなった。
彼とは一度も同じ職場で働いたことはない。ただの一点「ドラゴンズファン」でお付き合いさせていただいた。「闘病中の(気持ちよい)晴れた日」(彼のことば)この8月5日に、神宮球場レフトスタンドTブロック5段2番で、一緒に観たのが、最後の観戦となってしまった。先日、見舞いに行った時「中日の完全日本一」を見届けるまでガンバレと言ったら、ニヤリと笑った。今となっては、その真意はわからないが、まず明日からのCSファイナルステージを天国の彼と一緒に応援しよう。
そして、このスクラップ帖も続けることが「一生一編集者」として、生き抜いた彼の思いを引き継ぐことになる。
早すぎる召天だった。合掌。

by LiberaJoy | 2010-10-19 10:03 | 日記 | Comments(0)