うれしい輸出品

b0021251_18164439.jpg

今日の讀賣新聞記事から。

今までこんなことってあっただろうか。
雑誌といえば、アメリカに何らかの原型があると言われ続けてきた。
内容ばかりでなく、「このデザインだって『ぱくり』」だよね」っていう
言われ方をしたりして、
雑誌作りに携わるものはくやしい思いをした。
それが、こんどは違う。
婦人画報社の『Take IVY』がアメリカで復刻されるのだと。
これは、凄いことです。

by LiberaJoy | 2011-02-18 18:16 | book&magazine | Comments(0)