新刊ばかりが、読書ではない

b0021251_21485443.jpg

古本屋で買ったのではない。
蔵書の中でも、買ったはいいが、なぜか積ん読だったものがある。
また、雑誌『鳩よ!』などのように、
創刊号から1年間分ほど「定年後に読もう」と保存しておいたものもある。
本の棚を眺めていて、そういう本から呼ばれることがある。
山崎浩一さんも雑誌フリークスだなと、再び感動する。

by LiberaJoy | 2011-06-08 21:48 | book&magazine | Comments(0)