このお祭りがくると「春」

雛祭り。わが生家には、なかった行事。
わがパートナーの生まれた家は、義父以外、みな女性だったので、
仏壇の置かれている部屋に、大きなお雛さまが飾られていた。
それだけで、うれしかった。
今のわが家は、男性と女性が半々。
だからというわけでもありませんが、ひっそりと、このミニチュアのお雛さまが飾られる。
b0021251_102709.jpg

この、お雛さまは浅草・仲見世にある「助六」のものです。
25センチの立方体の箱に、見事に収められています。
まだ、作られているのだろうか。

by LiberaJoy | 2013-02-18 07:40 | 日記 | Comments(2)

Commented by saheizi-inokori at 2013-02-18 17:11
クリスマスの飾りより好きです。古道具やで小さいのを買いました。
Commented by LiberaJoy at 2013-02-19 17:03
>>saheiziさん
ぼくは、クリスマスカラーも大好きです。
日本社会を考えたとき、大きければいいという考えから
脱却しないと、国は滅びますから……。