自分で作ったお弁当のオカズ

b0021251_7272483.jpg

先日投稿した「小金丼」がヒントになりました。LJ得意の刻みもの。
刻み込んだものは、ニンジン、油揚げ、乾シイタケを戻したもの、キャベツの芯、カマボコ。
味付けは、醤油、砂糖1対1。昆布茶小さじ1。
シイタケの戻し汁で、コトコト煮て、ニンジンが柔らかくなったら、火からおろし、一晩寝かせる。
このオカズは作り置きが効くし、甘辛味は白飯に合います。
卵でとじれば、さしずめLJ丼と呼ぼう。
またの名を、冷蔵庫総ざらい丼でもよし。
ハンパの野菜を使う。ナスもいい、タマネギも、長ネギも。
これのキモは、約半日乾しシイタケを水で戻すという手間を惜しまないこと。
コップに乾しシイタケを入れ、冷蔵庫で戻せばいい。
シイタケの滋味で、他の野菜をいただくという感じです。
最後に、胡麻油で仕上げ。

by liberajoy | 2013-05-02 07:12 | 自分で作る | Comments(4)

Commented by saheizi-inokori at 2013-05-02 11:09
これは簡単にして深い味が得られますね^^。
Commented by LiberaJoy at 2013-05-02 12:12
>>saheiziさん
そうです。簡単です。
そんなに技は要りません。
ただ、乾しシイタケを戻すだけがコツといえばコツ。
Commented by nolly at 2013-05-03 12:27 x
お休み中、遠くに出かけたりしないので、
干ししいたけを買ってこようと思います。
恥ずかしながら、年末から切らしたまま、使うこともなかったです(T-T)
昆布茶は、LJさんのおかげでよく使うようになりました!
Commented by liberajoy at 2013-05-03 13:24
>>nollyさん
それは、ありがとう。有名なイタリアンのシェフも若手のチャイナの料理人も、そっと使ったりしています。
それから、昆布といえば、切り昆布の佃煮と生キャベツを混ぜて、胡麻油少々で和えると酒のアテが一品できます。