立川談春初体験

b0021251_7361923.jpg

チケットが取りにくいベスト3に入るという談春の独演会に行って来ました。友人からのお誘いでした。
うれしい、うれしいプレゼントでした。
九州吹き戻しという怪作を聴くこともでき、大満足。
b0021251_7444837.jpg

日本青年館大ホールへ、行く途中。東京体育館です。

saheiziさんのコメントに対する答えを、以下に書きました。
吉原で遊び尽くして、親からもらった財産を無くして、
地方(それも、な、なんと九州は熊本)に、流れ流れて行ってしまった若旦那の話。
彼が江戸で、(遊びながら)得てきた技術で成功するという話が前編。
後編はそこで稼いだけど、やはり江戸が懐かしくなり、戻ろうという話。
歩いて帰ればいいものを、手を抜いて(?)船に乗る。
台風に遭って、鹿児島に戻されるというオチがつく。
この話は、ただそれだけのもの。
1時間を超す話だが、江戸での遊ぶ風景、熊本での働きぶり、船の中での振り回される話は
それぞれ、力が要る。
終わってみれば、じゃ、何なの?という噺だが、
リアルな演技が必要とされるから、通常の寄席では決してかけられない噺。
ラジオ東京で聞いた出っ歯の金馬から始まった落語鑑賞歴だが、
この噺は生まれて始めて聴きました。
長いマクラも立川流のそれぞれのキャラクター分析から始まり、
立川流とは何だを知りたかったLJにはサイコーでした。
もう、少し志の輔の話を聴きたかったが。
ますます、談春、志らく、志の輔など追っかけたくなってきたし、
談志の残した財産の凄さを感じています。
「古典をやらせりゃ、俺以上」と談志に言わせた談春の力も知ることができました。

でも、口直しに池袋演芸場に行きたくなりました。

by liberajoy | 2013-06-17 07:49 | 日記 | Comments(4)

Commented by saheizi-inokori at 2013-06-14 09:51
感想が楽しみです。
Commented by liberajoy at 2013-06-17 07:37
>>saheiziさん
遅くなりました。今、書いています。ちょっとお待ちください。
Commented by saheizi-inokori at 2013-06-17 09:44
ありがとう。
この噺は小満んと雲助で聴きました。
地名の言い立てとか荒れた海の航海の模様とか、ダイナミックな表現も楽しいですね。
談春の力技が目に見えるようです。
Commented by LiberaJoy at 2013-06-17 10:04
>>saheiziさん
談春の話によると、荒れた航海の様子をリアルに語るため、
古今亭志ん生は、わざわざ、台風の銚子に出かけて取材したとか……。