混ぜこぜ料理法の極意

b0021251_12465438.jpg

家庭料理の究極は、なんだろう?
いろいろな考えがあると思うが、ぼくは自分が好きなだけに、混ぜこぜにありと思う。
冷蔵庫の中にあるものを最大限に利用する。
それがきょうのごはんの上に載っている、台湾ラーメンの具にヒントを得た、
挽肉とクズ野菜の唐辛子味炒め。
もう、これだけで後はオカズが要らないくらい。
でも、わがパートナーは本当に手を抜かず、オカズ4点。
魚系1(これは缶詰を利用)、肉系1(スープを取ったあとの鶏肉)、
シイタケと長ネギのソテー、カリフラワー。
レンジがほしい。心から。

by liberajoy | 2013-12-05 12:41 | お弁当 | Comments(0)