ぼくらはラジオ世代

b0021251_940176.jpg

ぼくの友人のブログ「ボタンダウンダイアリー」1月5日の記事「本日小寒」で知ったのですが、
山下達郎の「サンデーミュージック」を聴きたいと思って、いざと気付いた時に「ラジオがない」。
すぐ、郊外の家電店に飛んで行ったと。
山下達郎が師匠の死に関して、どうコメントするかを聴きたく、実際その日の放送は録音だったと
いう「落ち」がついたのですが、ぼくらの世代にとってはラジオ命のところがあります。
ぼくも、このサンデーミュージックは、いつも楽しみにしている放送です。

朝、起きて、朝食中はラジカセつけっぱなしです。テレビでは何もできません。
さすが、仕事中はラジオは聴けません。
また、ラジオ電波はビルの中ではダメなもので、このスマホのサービス「Radiko」を愛用しています。
システム上、ライブではありませんが、30秒ぐらい?の遅れはまったく気になりません。

by liberajoy | 2014-01-10 09:38 | 日記 | Comments(4)

Commented by saheizi-inokori at 2014-01-10 09:47
今もテレビよりラジオの時間が長い。でもテレビは要らないとまでは言いません。
Commented by LiberaJoy at 2014-01-10 10:11
>>saheiziさん
即!! の反応ありがとう。ラジオ的ですよ。
ぼくも、テレビは要りますが、「ながら」にはやはり、ラジオです。
Commented by bddiary at 2014-01-10 18:03 x
やっとラジオのある生活です。調べたところ「dadiko」は首都圏限定のサービスのようです。
Commented by LiberaJoy at 2014-01-11 09:35
>> bddiaryさま
それは、よかったです。
わが家では、特に何かを観るというテレビ番組がない限りは
リビングにラジオがつけっぱなしです。
FM東京が多いです。
ぼくも、Radikoを調べたら、山形で民放は聴けないようです。
また、これがもっと進んで、東京で山形の放送が聴けたりすると
いいですね。これは、放送法上の問題があって、難しいようです。
ま、ぼくの場合は、名古屋の野球中継が一番聴きたいものですが……。