リベラが召天した

b0021251_1253569.jpg

4月17日、夜22時過ぎに亡くなった。
ぼくはもう、寝ていた。
Mrs.LJはちょうどお風呂に入っていた。
隣りに寄り添っていたのは、リベラを飼いたいとペットショップの窓から、リベラを探しあてた娘でした。
学校の帰りにいつも、眺めていたようです。
わが家に自由を持って来てくれたと「Libera」と名付けました。
いつも、遠慮深いコでした。
「わたしが、わたしが」というワガママなところはまったくありませんでした。
特に、二匹目のジョイが来てからも、彼をまるで自分が生んだような慈愛ある眼差しで見ていました。

by LiberaJoy | 2015-04-18 07:46 | 日記 | Comments(2)

Commented by saheizi-inokori at 2015-04-18 21:36
写真を見ていると泣けてきます。
いくつでしたか。
Commented by nolly_1218 at 2015-04-20 07:47
穏やかなお顔です。
お嬢さんに寄り添われて迎えた最期。
いちばんの幸せなのではないでしょうか。