父の味覚

b0021251_1041026.jpg

50歳過ぎてから、お赤飯が好きになった。
亡き父はお赤飯が好きだった。
ぼくは、その頃(父が生きていた頃)まったく、もち米がダメだった。

今まで、ぼくの味覚は母から受け継いだと思っていたが、そうでもないのだなァと。
DNAって何なのだ。

by LiberaJoy | 2007-11-07 10:04 | が、好き!! | Comments(0)