川井進がプロ初勝利、対讀賣戦で

b0021251_15294978.jpgとにかく、今はやることなすこと、すべてうまくかみ合い、
強いドラゴンズ。讀賣は、中日とまったく逆だ。
表ローテーションをぶつけてきても、上原、内海と中日打線が粉砕。
おまけに、川井進という新人(?)投手が6回無四球、1失点。
続く、中継ぎ陣は完璧。平井なんか2人で降板。
これとても、落合は思い切りよく交代させる。
原監督のおどおどした采配とは好対照。
満塁男ノリが確実に打点をあげる。
和田もようやく金縛りからとかれたみたいだ。
もちろん、フルシーズンダメなときだってあるだろう。
でも、勝てるときは遠慮なく勝ち続けてほしい。

by LiberaJoy | 2008-04-17 15:33 | 野球 | Comments(0)