カテゴリ:温故知新( 25 )

元・教文館社長、中村義治さんのこと(再掲載)

★元の投稿は2004年12月6日です。
新聞にて、ユニクロの柳井会長インタビューが掲載され、
以降、ブログやツイッターでその考え方に関して、賛否両論いろいろ
話題になっている。
企業の規模も世代もまったく違うが、世にこんな社長がいたということを
再掲載したくなった。
『ぴあの時代』(小学館文庫)にも、中村氏の話が出てくる。
中村氏がいなければ、『ぴあ』もここまで大きくならなかっただろうと
いう話。
ぼくは、仕事の上でお世話になったが、どんな人だったかは、よく書かれています。
b0021251_1322388.jpg

この写真は上記の本からの複写です。もちろん、左側の方です。

銀座3丁目交差点にある教文館書店の社長・中村義治さんが亡くなった。
以前、夜でも入り口に座りながら、雑誌を中心に屋台のようにして
本を売り続けた。「世の中の動きは、銀座の夜を観察していれば
よくわかるよ」が口癖だった。
もっともっとたくさんの人に本を読んでほしいから、
社長自ら売るのだとも言われていた。
聖書の中に書かれている
「いちばん先になりたいものは、すべての人の後になり、
すべての人に仕える者となりなさい」
ということを
自ら実践なさっていたように思えます。

これで、また一つ銀座名物が消えた。

by LiberaJoy | 2013-04-24 13:25 | 温故知新 | Comments(2)

風の中に立ちなさい

b0021251_1748157.jpg

サントリーの広告。新成人へ向けてのメッセージ。伊集院静からだ。この類では、山口瞳さんが「新入社員」へ向けて、毎年書かれていた。山口瞳はうまかった。これはちょっとずれると「うるせえ、爺だ」で終わってしまう。そうならずに、まさに名人芸だった。確か、それを集めて文庫になっているはず。伊集院さんも嫌味にならず、成人でなくても元気にさせられる文章だ。(1月12日の新聞広告)
すごいなと思ったのは、昔は「オールド」の広告だったが、今回は「山崎12年」にランクアップされていたこと。

by LiberaJoy | 2011-01-12 17:48 | 温故知新 | Comments(0)

貼雑誌について

b0021251_1282795.jpg

「はりまぜし」と読む。いわゆるスクラップ帳だ。偉大な推理小説家・江戸川乱歩が、貼り雑ぜ帖を作っていたと読んだことがある。具体的なものは知らないが、自分の興味の趣くままにいろんなものを貼りつけ、自分の感想を書き綴ったという。
乱歩は雑誌『宝石』の編集長でもあった。雑誌作りの大先輩でもある乱歩に敬意を表して、自分のためにだけの「ノート」にこの貼り雑ぜということばを使っても、許してくださるでしょう。
もう、雑誌作りの現場から引退して何年にもなるが、このノートを作ったり、ブログを作ったりしていると、30年この世界にいた習性からは、なかなか抜けきれないものだ。この作業もその一つ。そして、編集の原点は「集める」ことにあるを知る。でも、何のために集めているの? とつっこまれそうだ。かっこつけて「生きる」ためと言っておこう(笑)。死んだときに「へ~ッ、こんなことに」関心を持っていたんだと、通夜の席ででも話題にしてくだされば、本望。
そういう年齢になったということです。

by LiberaJoy | 2010-10-09 12:08 | 温故知新 | Comments(2)

サイドバック、駆け上がれ

b0021251_10543968.jpg

W杯の放送や新聞には、かつての名選手が登場する。長友選手を観るたび、思い出すのは、メキシコ五輪時の片山洋だ。先日も新聞に彼が出ていた。とても懐かしかった。当時はFBという呼称だった。
彼の体型、するすると前線にあがって行くところなど、そっくり。70歳とあって、驚いた。

by LiberaJoy | 2010-06-22 10:54 | 温故知新 | Comments(0)

この時代の文化は絢爛だ

b0021251_8514188.jpg

安土桃山時代のデザイン力は凄すぎる。一種ゴールドラッシュだったらしい……信長、秀吉の文化への後押しはハンパでなかった証。

by LiberaJoy | 2010-05-12 08:51 | 温故知新 | Comments(0)

ブルータス創刊号

太陽が顔を出したので、日光を使った簡易的スタジオで、雑誌の複写。
もう、20年以上も前の雑誌。
よく続いているな。
中はファッションのページ。
タイトルも味わってほしい。
b0021251_1153163.jpg

b0021251_1155334.jpg

by LiberaJoy | 2007-02-24 11:55 | 温故知新 | Comments(0)

Hanakoや東京Walkerより、何年も前に

『angle』という雑誌なり。主婦と生活社から。
東京の喫茶店という特集です。
b0021251_2148660.jpg

b0021251_21482672.jpg

by LiberaJoy | 2007-02-17 21:30 | 温故知新 | Comments(2)

好評かどうかわからないが……

30年前の『Ski Life』という雑誌。
b0021251_13133619.jpg

POPEYEの先行雑誌。編集長、スタッフが同じだという。
b0021251_2252439.jpg

b0021251_2254319.jpg

by LiberaJoy | 2007-02-17 13:13 | 温故知新 | Comments(2)

HA-Yという雑誌があった

この雑誌を知っている人はなかなかいないと思う。
まさに「幻の本」。
アートディレクター・堀内誠一さんの夢の本?
かも、しれない。
b0021251_17121091.jpg

b0021251_17132185.jpg

この幼いカップルは、もう今頃40歳前後かも。どうしているかな?

by LiberaJoy | 2007-02-16 17:13 | 温故知新 | Comments(2)

つづき、昔のアンアン(モノクロページ)

モノクロページでも、思い切った作りをしている。
b0021251_18455453.jpg

「ボンジュールブティック」というタイトルでお店紹介。
この流れが、マガジンハウスの『Hanako』などにつながっているかも……。
大胆に、店内写真を大きく使い、真ん中でぶったぎっている。
b0021251_1846777.jpg

↑原田治さんの「軽井沢」イラストルポ。
こういう遊び方がいわゆる「アンノン族」を生んだ。

by LiberaJoy | 2007-02-14 18:46 | 温故知新 | Comments(2)