<   2005年 06月 ( 33 )   > この月の画像一覧

バー『アルビオン』の焼きそば

バーの紹介で、お酒を写真に撮らないで料理とは? 
一種反則技かもしれません。でも、バーって暗くて、普通のデジカメ(それも4年くらい前のもの)では、お酒は上手に撮れないので、ご容赦ください。
十条にあるバー『アルビオン』は深夜2時まで。仕事が忙しくて、つい食事し忘れて、昼食から12時間何も食べていないときってあるじゃないですか。で、ファミレスでは何か明るすぎて……はずかしいというような時に行きます。ここの焼きそばは超傑作です。味も強すぎないので、お酒のつまみには最適です。そしてそれなりにお腹もふくらみます。
b0021251_17342872.jpg

by LiberaJoy | 2005-06-30 17:34 | おいしいもの | Comments(4)

板橋の住宅街にある『栄児』

なぜ、四川料理のおいしいところって、辺鄙な場所にあるのだろう?
そんなことを考えさせる名店である。正式店名は『栄児家庭料理』というとおり、
家庭的な雰囲気、そして料理である。素材はごくごくどこにでもあるもの。
例えば、大根、鶏肉、ジャガイモ、豆腐などなど。
それがここの料理人の手にかかると、日本人ではまったく考えられないものに大変身する。
唐辛子や山椒の大いなる力だ。もちろんこの二つは、現地四川省に毎年買いに出かけるとか。
店内に貼ってある中国全土のマップを見るとよくわかる。四川省は海から遠く、新鮮な魚介類とはまったく縁がなく、素材の力を借りることはできない。ただ、ひたすら「おいしさ」をキーワードにそれぞれの家庭で工夫してきたのでしょう。
もちろん、四川料理の代表である麻婆豆腐も絶品ですが、何気ない鶏肉を使った肉じゃがですね。これなんか、食べたらぶっとんでしまうこと請け合いです。
b0021251_17221380.jpg
b0021251_17223170.jpg
b0021251_1722489.jpg
b0021251_1723257.jpg

※上から、パオツァイ(大根の漬け物)、なすの蒸しもの、すじの煮込み、鶏肉の肉じゃが

by LiberaJoy | 2005-06-30 17:23 | おいしいもの | Comments(2)

LPレコードは宝物

音楽はCDからもう、PCでダウンロード時代に突入なのか。ぼくたちの頃は、ラジオからカセットに録音をして自分の楽しみにしていたのだから、隔世の感がある。でも、このLPジャケットを楽しむということはできないですよね。大きくて場所は食うし、重いし……。
流行のミュージックバトンの最初が「あなたのPCに音楽ソースはどれだけ入っているか?」という問いであるところが、実にこのニュアンスを言い表していますね。
ぼくらの時代だったら、「音楽で一番好きなLPは? デザインで一番好きなジャケットは?」というような問い になったと思う。
b0021251_18214999.jpg
b0021251_18215986.jpg
b0021251_1822927.jpg

この3つ、最近よく聞くレコードです。

by LiberaJoy | 2005-06-28 18:22 | 何でもあり | Comments(10)

暇なときがブログ「どき」

時間がボコッと空いてしまったときに、ブログサーフィン。
家のPCでは遅いから、なかなかそうもいかないけれど、
会社の環境でのブログ巡りはなかなか面白い。
よく訪問するブログも楽しいけれど、滅多に行かないところに行くと、
ドキッとしたことばや写真に遭遇する。この楽しさは雑誌を立ち読みする
愉楽に近いものがある。
今日、見つけたのは次のフレーズ。
食いたい時がうまい時by moonisup
食いたいという言葉は実に今の若者ですね。
ぼくたちだとつい「食べたい」とやっちまう。
その方がきれいだものね。
でも、食いたいと書いた方が「今」なのだろうな。

by LiberaJoy | 2005-06-28 17:36 | 日記 | Comments(2)

ローズマリーが根付いた

お墓の話で恐縮なのですが。
【公園的な墓地】なのでお墓の敷地内に、ローズマリーを挿し木しました。
だいたい2カ月に一度は行っています。周囲が寂しいので、香りの良いローズマリーを植えようと最初は苗を植えました。もう片隅にもと思って、こんどは挿し木に挑戦。毎日毎日見に行けるわけでないので、なかなか付きません。ひと月前に挿した10本のうち数本が、ようやく念願叶って緑のままでした。
来年の夏が楽しみだ。
※お寺のお墓では無理でしょうね。
b0021251_020248.jpg

by LiberaJoy | 2005-06-28 00:20 | 何でもあり | Comments(4)

長期的な視点で野球を見ようよ【辛口偏屈的ドラゴンズ評論】

ひとつ、ひとつの勝ち負けで一喜一憂してはいけない。
最後のゲームで一つでも上に行っていればいいという視点を教えてくれたのは、昨シーズンの落合監督だった。【でも、ブログにはそうでないのが多いんだよね】
ファン心理としてはひとつひとつのゲームのあのプレー、このプレーが気になるのも確かなこと。落ち着いて、考えればまだ半分にいっていない時点で、落合監督のことを、また、中日の位置のことをああだ、こおだいうのはおかしい。
ファンにとっては「どきどき」するゲームを見せてほしい。立浪がサードを守ることになって(それも落合の指示だから)井上がスタメンで出て、打ちまくっている。そういう意味では、落合のベンチワークは正しいことになる。それが「動いてきた」ということなのかも……。福留も4月頃のまったく振れていないことから見れば、よく打っている。
やはり、優勝するにはピッチャーのローテーションがもうちょっとピリリとしてほしい。中継ぎは、抑えている。川上、野口、マルティネス、山本昌+2。やはりこの2の部分が問題だね。これがきちんとするまで貯金4~10ぐらいのところでいったりきたりで、阪神にくっついていれば、それこそ最後には帳尻が合うと思う。
ファン的にも山場はまだ8月過ぎに来ると読んでいる。

by LiberaJoy | 2005-06-27 20:51 | 野球 | Comments(0)

そうか、「聞くな」なのか

交流戦が終わって、その後の6試合。2勝4敗。まだまだ、中日はエンジンがかからない。
確かに落合監督がいうように、底は脱したと思う。
『笑みを浮かべて指揮官は言い切った。なぞめいてはいても、落合監督の言葉には必ず理由がある。今回も実戦でそれを証明してくれるはずだ』 と記事を締めくくった中日スポーツの記者のような不可思議な気分。多くのドラゴンズファンはそうだろう。
鈴木義広は無惨にも火だるまとなった。
確かにバッティングは上向きだけど、何度も続く逆転劇は胃によくない。
また、打撃は水物だしね。
b0021251_16485457.jpg

by LiberaJoy | 2005-06-27 16:49 | 野球 | Comments(0)

沖縄みやげ

いろんなともだちに、LiberaJoyは甘いもの大好きとお知らせしているので、自然と集まってきます。(今は関西に住んでいる)沖縄生まれの友達が、昨日「沖縄の家に帰ったきたよ」と持ってきてくれた。何ともうれしや、黒糖です。なぜか、沖縄のがいちばん!!
ありがとう。
そして、まだ謎の「の」まんじゅう。今日の夜、いただきます。
驚きはおいしさの一つの条件。
b0021251_15522647.jpg
b0021251_15524317.jpg

by LiberaJoy | 2005-06-27 15:52 | 甘いもの | Comments(4)

テオブロマのサンフォアキン

広尾ほかにあるテオブロマの土屋公二さんといえば、日本を代表するショコラティエ。
チョコレート屋さんです。
ここの『サンフォアキン』というチョコレートケーキはずっしりと重くて、おいしいです。
でも、夏にはなかなか食べたくはならないかな?
b0021251_0121015.jpg

by LiberaJoy | 2005-06-25 00:12 | 甘いもの | Comments(0)

たまには、このブログの名前の犬にも登場してもらおう

ということで、Liberaのおふざけ。
彼女は草むらが大好き。
b0021251_2314854.jpg

by LiberaJoy | 2005-06-24 23:14 | 散歩 | Comments(2)