夜は和風パスタ

b0021251_19082018.jpg
具は、小松菜とカリフラワー。昆布茶で、風味づけ。
赤ワインを約250cc。スープは舞茸と糸こんにゃく。

by LiberaJoy | 2017-11-18 19:08 | 日記 | Comments(0)

裏を返した中野・バラそば

b0021251_11543409.jpg
土曜日の贅沢、外食です。
辛バラそば、880円。背脂をトッピングした、50円。
辛さもスキッとしていて、看板にも書かれているように、旨く辛い。

by LiberaJoy | 2017-11-18 11:54 | おいしいもの | Comments(0)

毎週金曜日は、本物のビール

b0021251_20370939.jpg
やっぱり、ビールは黒星に限る。
年金生活+ちょっと働くの生活になってから、(晩酌に)一つの縛りをかけている。
普段はお酒の安売り屋で、第三のビール。
または、安価なチリワインは3日で1本。
ただ、金曜日の夜だけは、サッポロの黒星缶という贅沢をする。
今日の食事はリゾットです。

by LiberaJoy | 2017-11-17 20:36 | おいしいもの | Comments(0)

飴に凝る

b0021251_08302160.jpg
飴に凝っています。
ちょっと小腹すいた時、咳が続いている時、イライラした時。
小さな糖分を補給する。
このカンロさんの「いもピーナ」は懐かしい味がする。
b0021251_08343830.jpg
もちろん、このアメの甘さはイモのものだけではないと思うが、日本人の甘みを感じる基本は、イモで作られたのかなと思わせるテイストです。

by LiberaJoy | 2017-11-17 07:30 | おいしいもの | Comments(0)

ある閉店

b0021251_16310873.jpg
また、ある飲食店の話です。
北区王子神谷駅の近くにある「厨」という中国料理店が、ずっと閉まっていた。少なくとも1年以上は、閉まっていた。秋になって、一枚の貼り紙が掲示された。
ここの店主は寡黙で、鍋を振り続けていた。
奥さんが笑顔で、ホールの仕事をやっていた。カウンターが10席、テーブル席が6名くらいの、小さな小さなお店。でも、メニューは豊富でした。それも、本格的な料理が多かった。たとえば、酢豚でも、注文を受けてから、油通しをきちんとやり、その手順も手を抜かなかった。きっと、きちんとした厨房で修業した方なんだろうなと思っていた。
ぼくがここで一番好きだったのは、台風チャーハン。
甘辛の美味いチャーハンでした。
いつも、チャーハン用のゴハンを用意していた。
何のご病気かわからないが、店主の閉店挨拶にお客から暖かいメッセージが付いた。
(こういうコミニュケーションがある限り、まだ、日本もまんざらではないと思う)


by LiberaJoy | 2017-11-13 16:30 | 日記 | Comments(1)

文京区弥生1丁目1番地

b0021251_13320170.jpg
久しぶりの企画投稿です。
それぞれの町には、必ず1の1があります。
ふらふら歩いていても、この1丁目1番地に遭遇すると嬉しくなってきます。
今日は義母を病院に迎えに行くところです。

by LiberaJoy | 2017-11-13 13:31 | 1丁目1番地 | Comments(0)

隠れたところに、野菜いっぱい

b0021251_17481596.jpg

b0021251_17481931.jpg
昨日から、「娘から野菜が送られて来たので、明日は野菜いっぱいよ」と予告のあったお弁当です。
なるほど、シイタケ、カリフラワー、ニンジン、チンゲンサイなど。全部火が通っている。そして、いろんな味です。
ゴハンの上には、鶏肉ソボロ。
そして、枝豆アンの大福付き。
今日のも売れます。

by LiberaJoy | 2017-11-01 17:47 | お弁当 | Comments(0)