歩けば、何かが見えてくる

b0021251_15171762.jpg

何かを探そうと歩かなくても、おもしろいものは必ず見つかる。
50+αの経験で断言できる。
以前は、歩くこと(ロケハンという)が仕事だった。
確かに、町歩きのカンのようなものは育てられたと思う。
でも、人はいいものを作ったとき、必ず強く「言いたい」「知らせたい」気持ちになる。
外に向かって発信するものだ。
それを人は「宣伝」力という。

これは、京橋のINAXギャラリーの前。
『室内』の52年展。

今日は時間がなくて見ることができなかったが、近いうちに、ぜひ行こう。

by LiberaJoy | 2007-06-29 15:17 | 散歩 | Comments(0)