焼酎の飲り方

どこかの焼酎バーのメニューに書いてあった「焼酎」のおいしい飲み方。
今晩は焼酎を飲むぞ!! モードの時は、朝出かける前、作っていくんだけれど
いつもその分は飲みきってしまい、
あと一杯ということで、結局最後はロックになってしまう。
貧乏性なんだね。
b0021251_20292671.jpg

by LiberaJoy | 2004-11-18 20:29 | メモ帳から | Comments(3)

久留米ラーメン「魁龍」

スープの底にジャリッという豚骨の感触が……。
ここのスープは毎日毎日足していくという。
捨てないから、エキスがどんどん溜まっていくらしい。
鰻屋のたれや、焼鳥屋のたれもそういう方式をとっているところがある。
詳しいことは知らないが、戦争の時にたれの入った瓶をもって
逃げた? なんていう話も聞いたことがある。

驚きの味だ。東京では味わえないスープと麺。
ラーメンは地元のものとつくづく思う瞬間。
その地方の気候や食材、人間の味もプラスされるのだろう。

北九州に出張したとき、寒風の中わざわざ30分歩いてたどりついたということも
おいしかった要因かもしれない。

b0021251_17311796.jpg

by LiberaJoy | 2004-11-18 17:30 | おいしいもの | Comments(0)

みつを より、隆明

久しぶりのメモ帳からの「カテゴリ」。
今日デジカメを持って出かけるのを忘れた。
前に、撮っておいた保存用フォルダから取り出しました。

相田何某は苦手だ。

b0021251_1649211.jpg

by LiberaJoy | 2004-11-18 16:49 | メモ帳から | Comments(1)

システム手帳は片面づかい

伊東屋やハンズに行くと、今、流行りは綴じてある手帳のようだが、
ぼくはミニ6穴と呼ばれるシステム手帳を使っています。
リングに手がかかるなどの理由で、
両面を使うには使いにくいので、見開きで使ったときの右のページだけを使う。

そうすると裏がもったいないから、裏面にイラストをコピーしたりしている。
何種類もあるけれど、今日はその中から最近お気に入りのもの。
すなわちリフィルは手作りというわけです。
75ミリ×125ミリにカットして穴をあけて……待ち時間が多い仕事なので、
そんなときにやります。

by LiberaJoy | 2004-11-18 15:35 | 文房具 | Comments(1)

会社机の抽出しに唐辛子

「ああッ、ここに七味唐辛子があったらとか一味唐辛子があったら」と
思うことありませんか?
外食の多い方に、必需品です。
それもできれば、おいしいものだったらもっといい。
唐辛子においしいもの、まずいものってあるの? と
いう方、ぜひここに写っている京都『原了郭』のものを使ってみてください。

ぼくは銀座松屋の地下2階で買います。

辛さだけでなく、唐辛子にも味があるということがよく分かります。
香りを追求するなら黒七味、辛さ・旨味をなら一味がお勧めです。

b0021251_214186.jpg

by LiberaJoy | 2004-11-18 15:21 | おいしいもの | Comments(1)